株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

ハードウェア関係の無料素材とバックアップについてのウンチク

本投稿ではハードウェア関係の無料素材を配布しつつデータのバックアップについて少し触れてみます。

(1)バックアップのセキュリティについて
ここでは管理的なセキュリティには触れておりません。管理的セキュリティとは社内の教育・訓練やセキュリティ誓約書の取り交わし等で安価かつ有効であるとされています。情報セキュリティの強化をご検討なさる場合は総合的な対策を講じてください。

(2)画像素材について
以下の画像はtanakaが適当に作ったものです。マニュアルや社内資料作成用に無料素材を探したところライセンス関係がクリアにならなかったので自作してみました。それらのマニュアルも今では殆ど使われておりません。画像素材をお探しでしたらご自由にご利用ください。商用利用・再配布・加工なんでもありです。もちろん出典明記や連絡は一切不要です。


外付けハードディスク

外付けHDD
ダウンロード / ダウンロード(高画質版)

この画像はダンゴバックアップのマニュアル用に作成しました。ダンゴバックアップではセキュリティ設定が簡単な外付けHDDの利用を推奨しています。もっともこれはセキュリティへの配慮では全くなく単に設定が簡単だから。外付けHDDは分解すると後述の3.5インチHDDが格納されています。外付けHDDはPCとUSBケーブルで簡単に接続できます。半面、取り外しが容易なこの機器は盗難にあうとすなわち記録したデータが流出します。

従ってNASサーバやWindowsファイルサーバ(もちろんUnixでも可)を用い、アクセス制御と物理的な侵入対策をしっかり行う方がよりセキュアです。その場合は社内のシステム管理者が関わらないと設定が困難かあるいは寧ろガードが甘くなります。

内蔵ハードディスク(3.5インチ)


ダウンロード / ダウンロード(高画質版)

これもダンゴバックアップのマニュアル用素材です。内蔵HDDをパーティショニングしてもバックアップ的な意味がほとんどない(壊れるときは一緒)という説明と、サーバに内蔵HDDを物理的に複数搭載するのも有りという構築方法の説明ページに用いました。

内蔵HDDをWindows ServerのbitLockerで暗号化したり、物理的に施錠できるケースのサーバーを使ったり、またはサーバの設置場所をサーバルームや社長室にしたりとセキュリティ上工夫できる事は多くあります。詳しい人向きなので弊社では推奨しませんが、これは弊社の責任において助言や助力を行いたくないというだけで、内蔵HDDがバックアップ媒体に適さない訳ではありません。

NASサーバー

NASサーバ
ダウンロード / ダウンロード(高画質版)

同じくダンゴバックアップのマニュアル用素材。NASはファイルサーバの一種ですが、安価かつサイズ的に設置が容易なので不動産業者様においても多くの方がご利用だと思います。実は弊社も社内の共有サーバーとしてNASサーバを使っております。NASサーバは簡単にフォルダ毎のアクセス制御を設定できるので外付けHDDよりもセキュアです。

さて、このNASサーバーは確かに便利なのですが、筐体を開けると上記3.5インチ内蔵HDDが1台または複数台格納されています(画像のNASは3台搭載できるタイプです)。複数台のHDDを搭載できるタイプは冗長化(RAID1やRAID5他)を設定することで機器の故障に備えることができます。ただし物理的な配置場所には注意が要ります。つまり誰でもアクセスできる場所に設置すると物理的に盗まれたらアウトです。

フロッピーディスク(3.5インチ)


ダウンロード / ダウンロード(高画質版)

同ラベル付き

ダウンロード / ダウンロード(高画質版)

これらはいまだにフロッピーディスクを用いた物理的手段(運搬)でデータを送受信するある金融機関の口座振替サービスについて社内資料化した際に作った画像素材です。FDの利用がレアケース過ぎて社内においても多分誰も読んでいない資料と化してしまいました。


Posted By Tanaka(tanaka@dangonet.co.jp)

更新日時 : 2020年02月19日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年09月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930     

最近見た物件 (0)