株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

Good-bye  『仲介名人』

今月9/1付けで『仲介名人』の事業は弊社から株式会社ショーケース・ティービーに譲渡されました。詳しくは株式会社ショーケース・ティービーからのアナウンスをご確認ください。

今回はこのことに関連し「今後のこのブログ」や「過去のブログ記事」について投稿します。


(1)今後の「ダンゴネット 開発部のブログ」

このブログは『仲介名人』サービスの一部機能を用いて作成されています。
『仲介名人』サービスの譲渡後もこのブログのアカウントを残していただけましたので、今後もこのブログを用いて弊社製品の情報発信を行います。

これまでこのブログでは弊社製品についての情報提供や従業員の雑感を投稿してきました。この中にはブログ機能を提供する『仲介名人』サービスに関するTIPS等も含まれました。

しかし、今後は『仲介名人』のTIPS等については投稿を控えます。
(弊社不動産管理ソフトとのデータ連携に関する投稿は除きます)

『仲介名人』は既に弊社製品ではありませんので、仕様・サービスの変更や新機能等に追随できず、嘘を投稿してしまう恐れがあること、弊社にて情報発信を行うことが不適切であること等が理由です。


(2)過去の『仲介名人』についての投稿

過去に行った投稿については削除せずそのまま残します。また、カテゴリ「仲介名人」もやはりそのまま残します。(削除依頼を受けた場合を除きます)

[仲介名人] ブログ機能 地図埋め込み表示サンプル

ブログ編集(画像の貼りつけ方法)

「Youtube」の動画を埋め込む

カラム

アクセス解析に小石を投げる

ドメインのお話

今後弊社では仲介名人の仕様変更やサービス形態の変更を認識できない可能性が多分にあると思いますので、上記投稿をご参考になさる場合はご注意ください。



Posted By Tanaka
tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2012年09月12日 | この記事へのリンク : 

[仲介名人] ブログ機能 地図埋め込み表示サンプル

本投稿は仲介名人ブログ機能における地図埋め込み方法のサンプルです。
(本日、アップデート予定のブログ地図機能とは実は関りありません。)


【手順1】
Google MAP で地図を検索し、位置や縮尺を調整してから、リンク生成ボタンを押します。
表示されたアドレスをコピーします。
Google MAP (クリックで拡大)

【手順2】
仲介名人ブログの投稿・編集画面下部に配置された [HTML] (ソースを編集)を押します。
ソースを編集 (クリックで拡大)

【手順3】
MAPを表示したい位置に、Google MAP でコピーしたアドレスを貼り付けます。
 (クリックで拡大)

《 Point 》 ソースの編集画面で、地図貼り付け位置が探し難い場合は、予めブログ本文に貼り付け位置を文字として記載しておくと良いでしょう。
例: ※※MAP貼り付け位置※※


Google MAP が提供する機能で生成したURLを、ソースに直接記述することで、下のようにブログ内に地図を表示させることができます。


大きな地図で見る

利用シーンとしては、仲介名人ブログで、
・周辺施設(飲食店等)を紹介する際、
・主催するイベント等の紹介記事で会場の詳細位置を示す際、
・新規オープンした自社店舗を紹介する際、
などが考えられます。



Posted By Tanaka
(tanaka@dangonet.co.jp)

更新日時 : 2012年02月01日 | この記事へのリンク : 

ブログ編集(画像の貼りつけ方法)

仲介名人に「ブログ機能」というオプションがございます。
(物件情報をブログ記事として表現・投稿できる機能です)

お使いいただいている方も多く、編集方法のお問い合わせもいただくこともあります。

まず、前提としてwebページはhtmlという言語を使って作成されています。ブログページも例外なくhtmlを使用します。

<html例>

見た目  html

<p style="background-color: rgb(51, 204, 204);"><font size="6" color="#FFFF00">
新着物件自動更新・表示機能</font></p><p>& nbsp;</p><p><font size="5"><b><b class="pink">
新着物件自動更新・表示機能</b></b>は、</font></p& gt;<p><font size="5"><u>登録した物件の新着順に
トップページに表示する機能</u>です(ただし、物件を更新していない と古い物件がいつまででも表示されてしまいます)。</font></p><p><font size="5"><u>自動更新機能を利用する事で、
登録更新日が自動的に更新される機能をご利用いただけます
</u& gt;。 </font><br></p>

上記のようにhtmlでは、文書の一部を“<”と“>”で挟まれた「タグ」と呼ばれる特別な文字列で囲うことにより、
文章の構造や修飾についての情報を文書に埋め込んで記述することができます。


例として <font size="6" color="#FFFF00">は「この後の文字はフォントサイズが6で、
黄色い文字にする」という命令になります。

こういったタグを文字と一緒に随所に入力することにより、文字の背景色を変えたり、表を作ったり、
画像を挿入したり・・ということが、文字だけでできるようになります。

しかしながら、やはり知識が必要になってきます。

そこで、htmlにあまり知識のない一般のユーザでも自由にコンテンツを作る事ができるようになる
「エディタ」をご紹介します。

WYSIWYGエディタ

ブログ本文下部にある↑「これ」です。

基本的な使い方は、設定したい文字列を選択しツールバーのボタンを押す、という一般的なワープロソフトとほぼ同じで、
(例えばBというボタンを押したら太字になる)
見た目をその場で確認できることと同時に裏側にhtmlを作成しにいってくれます。

今回はWYSIWYGエディタの使用方法の中でもお問い合わせが多い「画像をブログに貼る方法」をご紹介します。

<画像をブログに貼る方法>

,泙此∋前時準備として画像フォルダに挿入したい画像をアップロードしておきます。

ブログ本文という文字の下にある「画像フォルダを開く」を押すと

画像フォルダが立ちあがりますので、挿入する画像を「参照」ボタンより選択し、
その下のアップロードボタンを押してください。

⊆,縫▲奪廛蹇璽匹靴寝菫のURLをコピーします。

アップロードするとボタン下の「現在使用できる画像一覧」に追加されますので、
挿入したい画像の画像URLをコピーしてください



ブログ本文の画面に戻り、挿入したい箇所にカーソルを置き、「WYSIWYGエディタ」の「木のマーク」を押します。

「イメージを挿入・編集」画面が出てきますので、先程コピーしたURLを「イメージのURL」に貼り付けて、
挿入ボタンを押します。

ご粟です。

もちろん、「WYSIWYGエディタ」内の「HTML」ボタンより直接htmlを編集して貼りつけることも可能ですので、
使用しやすい方法で素敵なブログ作成にお役立ていただければ幸いです。


Posted By J.Hirata


更新日時 : 2011年11月29日 | この記事へのリンク : 

「Youtube」の動画を埋め込む

お客様からコールセンターに「Youtube」の動画埋め込み可否または方法について、何度かお問合せをいただいております。
「Youtube」の動画埋め込みは、当ブログのソース編集機能を用いることで、ソースを直接編集すれば実現可能です。

【動画】※大分昔のCMです。

【手順】
(1)下部の編集パネルから[HTML]ボタンを押します。


(2)ソースコードの編集画面が展開するのでYoutube等が提供するWEB埋め込み用のコードを貼り付けます。


(3)次のように動画が埋め込まれた部分に黒い領域が作成されます。



※仲介名人の機能としてYoutubeの動画埋め込みに正式に対応しているわけではありません。
ソース編集機能を用いたTIPSとしてご理解いただければ幸いです。


Posted By Tanaka

(tanaka@dangonet.co.jp)

更新日時 : 2011年05月06日 | この記事へのリンク : 

計画停電に備えたWEBサーバサービス中断の状況

今朝、午前中にサービスを中断しておりました弊社WEBサービスですが、現在はサーバを立ち上げ動作をしております。

しかしながら、現時点で今後の見通しが立っていない状況です。
情報の錯綜を防止する為、サーバ稼働に関する情報は弊社ホームページに発信源を統一しておりますので、こちらをご確認ください。

http://www.dangonet.co.jp/

弊社コールセンターにお問合せいただいた際に、「ホームページをご確認ください」と申し上げる場合もありますが、これについても上記の意図がございますので、どうかお気を悪くされないよう願います。

TEPCOのホームページ、市役所のホームページ、テレビといった様々な情報源から、流動的な情報が入ってくる状況ではありますが、弊社サーバの稼働については弊社ホームページに記載させていただいている情報が、正確かつ最新です。ご迷惑をおかけしますが、ご辛抱いただけると幸いです。

また、例えばサーバの移設他、事態の根本的な解決を目指した対策の検討状況についても、不正確な情報をこちらに投稿することは控えます。



原子力発電所の事故により、関東地方に供給する電力の不足が危ぶまれ、計画停電が実施されようとしていることや、それらが状況により回避されたりしていることは報道によりご存知の事と思います。

東京都においては、計画停電が予定されている地域と、予定されていない地域があります。
当然ですが都市機能を麻痺させないようにという配慮でしょう、都心部(東京23区の大部分)では計画停電が予定されておりません。
ダンゴネットが所在するここ「武蔵野市」は計画停電の対象地区であり、東京都においても「武蔵野は会社ではなく住宅」という判断があったのだと思います。

仲介名人サーバは弊社内サーバ室に置かれていますので、計画停電の影響を受けます。
また、仲介名人サーバの立ち上げや終了には相応の時間を要すため、停電が発生しUPS(無停電電源装置)に切り替わってから慌てて終了するという方法ではなく、計画停電の予定時刻が来たら終了し、回避の情報を得てから起動するという安全策を取っています。
そこため、実際の停電の有無とサービス中断の発生は一致しておりません。


Posted By Tanaka
(tanaka@dangonet.co.jp)

更新日時 : 2011年03月14日 | この記事へのリンク : 

カラム

仲介名人のサービス種別に「2カラム」「3カラム」という区分があります。
カラムはそれぞれデザイン上の列の数を意味します。
 2カラムサンプル:http://test.heyaweb.com/
 3カラムサンプル:http://test2.heyaweb.com/

化学系の学生やIT関係者で無い限り一般には馴染みの薄い「カラム」、
辞書で調べると次のような説明がされています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/216558/m0u/column/

ところで、「2カラム」「3カラム」はどう読むのが適切でしょうか。
サービス名と言ってしまえば正解は無さそうですが、区分してみます。

 にからむさんからむ
  → カタカナとして読む。気取らない。

 Two ColumnsThree Columns
  → 英語として読む。「s」を忘れない。

 とぅーからむすりーからむ
  → 和洋折衷案。



Posted By Tanaka
tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2010年08月06日 | この記事へのリンク : 

アクセス解析に小石を投げる

WEBサイトを公開している個人や企業が、自分のサイトにどういった閲覧者が訪問しているのかを調査をすることがあります。これを俗にアクセス解析と言い、弊社WEBサイト作成サービス「仲介名人」の場合アクセス解析機能をそれ自身で持っていませんのでGoogle社が提供する「Google Analytics」をアクセス解析サービスとして提案しております。

アクセス解析がSEOに役立つことは多くの一致した意見だと思いますが、解析に用いられるデータには閲覧者の厚意により提供されているものもあります。

例えば、
「ユーザーエージェント(User agent)」は使用OSやブラウザの申告で、解析する側はこれを収集し閲覧者の環境を知ります。
「リファラー(Referer)」は参照元の申告で、どのようにしてWEBサイトに訪れたのかを知らせます。

これらは自己申告ですから、申告をしないことや嘘の申告をすることが容易にできます。
今回はリファラーの申告を偽装し、アクセス解析を茶化してしまうちょっとしたジョークをご紹介します。

【概要】
Googleで「ダンゴネット」というキーワードで検索し、弊社サイトに訪れた場合を考えます。
通常、送信されるリファラーは次の通りです。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

このアドレス情報から閲覧者が「google」(www.google.co.jp)で「ダンゴネット」(%E3%83%80%E3〜)と検索したと判断されます。
では、これを「キン肉マン」と検索したアドレスに置き換えて送信するとどうでしょう。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%AD%E3%83%B3%E8%82%89%E3%83%9E%E3%83%B3&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

解析した弊社システム担当者はなぜかサイトに「キン肉マン」と検索し訪れた閲覧者が存在することに首を傾げることでしょう。
同様のアクセスが複数回あれば(順位上目立つ為)尚のことで、もしかしたらキン肉マンのサイトに手当たり次第にアクセスして回り原因の究明に走るかも知れません。

ところが、この場合アクセス解析が収集したリファラー情報は、以下に紹介する方法で偽装されたイタズラであり、実態はありません。

これにより、特定のサイト、あるいはツールを設定したパソコンでたまたま閲覧したサイトのアクセス解析情報に嘘の情報が混ざり、解析結果の信頼性が少しだけ損なわれます。(リファラー偽装を利用した怪しい広告の手口は既に一般的で、アクセス解析の情報は元々それほど信頼性が高い訳ではありません)


Internet Explorer の場合
方法はいくつかあるでしょうが、ここでは「Proxomitron」をご紹介します。
と言っても使用方法は検索してもらった方が早いので、Proxomitronを用いれば計画が実行できるという情報提供に留めます。
Proxomitronはローカルに存在するプロクシサーバーとして振舞うソフトで、慣れていないと少々設定がご面倒かも知れません。

Proxomitronは常駐させることができますから、スタートアップに登録しておけば便利です。
Proxomitron_2.jpg

設定は次の画像ように行いますが、詳しくは解説サイトをお調べください。
Proxomitron_1.jpg
(画像クリックで拡大)

Firefox の場合
Firefoxの場合は、「RefControl」というアドオンを追加するだけで目的を達することができるので、はるかに容易です。
「RefControl」はFirefoxのアドオン検索機能を用いるとすぐに見つかります。
Refcontrol_1.jpg
(画像クリックで拡大)

追加が完了したら、ツールメニューに「RefControl のオプション」が現れるのでここで設定を行います。
ちなみにRefControlの下に見えているTab Mix Plusは、偽装したリファラーを複数のサイトに一括で送信する場合に役立ちますが、ここでは割愛します。

設定画面では、サイトごとに個別で挙動を指定したり、個別指定をしていないサイトに対して一括指定を行うことができます。
次の画像は、2つのサイトに「リファラーを送信しない」というキーワードを送信している状態です。


(画像クリックで拡大)

次の画像は当ブログに「キン肉マン」で検索したGoogleのアドレスをリファラーとして送信するよう設定した状態です。
RefControl_3.jpg
(画像クリックで拡大)

翌日、Google Analyticsを確認すると、しっかり「検索エンジン→Google」に「キン肉マン」が存在していることが分かります。
Refcontrol_4.jpg

最後に
この投稿では検索エンジンのキーワードを置換するというリファラー偽装の一例を記しました。
アクセス解析は閲覧者の情報を無断で収集し成立しており、コンビニで買い物をしたときに風貌から年齢を類推されレジで記録されるのにも似ます。
これには不快感を覚える人も少なくないでしょう。風貌を変えたとしても文句を付けられる謂れはありません。

ただし、リファラーの偽装自体には犯罪性がありませんが、過度のジョークは人間関係を悪化させるリスクがあります。(誹謗メッセージを送りつける等)
また、この投稿を参考にPCの設定を変更したりフリーソフトを導入したことに起因する障害は自己責任でご対処願います。


Posted By Tanaka
tanaka@dangonet.co.jp


更新日時 : 2009年12月18日 | この記事へのリンク : 

ドメインのお話

開発本部の佐藤宏城です。

2回目にしてネタに困り間が開いてしまいました汗


仲介名人の導入時ですが、それまで自社でホームページの運用をされていて、自社のドメインで仲介名人サイトが見れるような形に導入していただくケースが多々あります。

ドメインの仕組みというものはなかなか解りづらい部分がありますので、この機会にまとめてみようと思います。ドメイン取得に興味のある方はぜひご一読ください。

■独自ドメインとサブドメインについて

独自のドメインを取得しない場合、仲介名人サイトのheyaweb.comというドメインがご利用できます。
この場合では、お客さまごとに、http://○○○○.heyaweb.com/ というアドレスで自社のサイトにアクセスできるようになります。この形式を「サブドメイン」と呼びます。

サブドメイン形式ではドメイン取得の費用がかからないことがメリットですが、反面、独自ドメインに比べて検索エンジンにひっかかりにくいとも言われています。検索エンジンのアルゴリズムは日々変化していますので、ある日サブドメインが軽視されるようにならないとも限りません。



ちなみに、現在仲介名人をご利用いただいているお客様の比率では、ほとんど半々くらいです。

■独自ドメインを取得されている場合

現在ドメインをお持ちの場合は、そのドメインに対してどこのサーバが指定されているか、という情報を変更しなければいけません。
その指定をすることで、取得されているドメインに対し、弊社に設置されている仲介名人サーバとの紐付けができることになります。


この情報は誰でも好き勝手に変更できるわけではありませんので、ドメインを契約されているお客様に設定をしていただくことになります。
(が、弊社が代理で作業させていただくケースがほとんど、です。)


中にはその情報自体、変更できないドメイン管理会社様もいらっしゃいますので、その場合は自由に設定できるドメイン管理会社に管理先を変更する必要があります。ドメインと一緒に、ホームページのスペース・メール等のサービスがセットになっているような大手の業者では、このようなケースが多いようです。

この作業を、業界では「ドメイン移管」「レジストラ変更」などと呼んでいるようです。

逆に、ドメイン管理会社を変更することなく作業できる場合では、そのドメイン管理会社の方法に沿って、弊社で設定をしています。
web上から変更作業ができる業者もありますし、設定書を提出する必要が業者もありますが、最終的にはドメインと弊社サーバとの紐付けができる状態になります。

このような、ドメイン管理会社の変更なしに設定変更することを、「ドメイン振替」「DNS振替」などと呼んでいます。ういう用語は業者によって呼び方が違う場合が多く、いきなりでは意味が通じないことがあるので困りますね。。

このような作業を経て、仲介名人のサービスを導入いただいております。

次回は仲介名人のサービスの中身をご紹介したいと思います。


更新日時 : 2008年03月27日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年10月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

最近見た物件 (0)