株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

賃貸管理ソフトのクラウド型とローカル型はどう違うのか。

現在弊社では株式会社いえらぶGROUPに賃貸管理ソフトのノウハウを提供することで、同社による「いえらぶCLOUD」の賃貸管理機能の開発に協力しております。この管理機能はもちろんクラウド上のアプリケーションで、賃貸名人のようなローカル(自社でパソコン等にインストールして用いる)アプリケーションとは仕様も特性も異なります。

なお最近では各賃貸管理ソフトメーカーがクラウド版も販売しており、弊社でもお問合せを受けることがあります。この投稿では改めて管理ソフトのクラウド版とローカル版の一般的な特性について整理してみます。
注:以下は一般的な特性であり例外があります。

結論としては、
クラウド型と異なり『賃貸名人』のようなローカル型のソフトに登録したデータの所有権はユーザーにあり解約しても蓄積データは無駄にならないから安心して使ってください、という事が主張したい訳です。
(弊社がいえらぶGROUP社と協業していてもこの主張は正当だと思います。)

ただ以下は公平を心がけて比較してみます。=)


<定義>
ローカル型

社内のサーバPCやクライアントPCにデータベースやプログラムをインストールする形態。オンプレミス型と表現されることもある。

クラウド型

インターネット上のサーバにデータベースやプログラムがあり、ユーザーはWEBブラウザを用いてデータへのアクセスやデータ処理の指示を行う形態。


<動作環境>
ローカル型一般に Windows OS が搭載されたパソコンで動作する。
クラウド型

メーカーが各OSのブラウザに広く対応していれば多様な環境で動作する。


<それぞれの利点>
ローカル型

ユーザーはデータベースや資料ファイル(PDF等)の所有権を有する。つまりソフトの使用を止めたり他社製品に乗り換えたりするときにそれまで蓄積したデータを活用することができる。

社内にデータベースがあるので自由にバックアップをとったり、ある地点にデータを巻き戻したりすることができる。例えばミスが怖い処理をする前に念のためバックアップを取っておくなど。

通信にインターネットを経由せず、そしてそれよりも各ユーザーに割り当てられるリソースが大きいのでレスポンス(応答)が早い

画像やPDF等のファイル容量を気にせずにどんどん登録することができる。

アプリケーションのカスタマイズやデータベースの拡張が容易である。

クラウド型

データがインターネットのサーバー上にあるのでスマホ等のモバイル環境を用いて外出先からでも使うことができる。また自宅のパソコンからもログインできる。

PC環境に依存しないので様々なプラットフォームで動作する。Windows・iOS・Android等を搭載した様々な環境(パソコン、タブレット、スマホ)で用いることができる。

サーバ側でアップデートをするので端末側ではバージョンアップやバグフィックス作業を要さない。常に最新の状態でサービスが提供される。

サーバ等の購入や保守を自社で行う必要が無く初期コストがずっと安い

サーバからの情報流出事故やデータ故障事故等の管理ミスをサービス会社に責任転嫁することができる。
(JISで言う「リスク移転」のこと。ただし利用約款を見るとちゃっかり免責されていることがあるので要確認。)


もちろんメリットについての反対意見も想定できます。例えば常に最新のバージョンで提供されることに対して「慣れ親しんだ画面が勝手に変わってしまうのは嫌だ」といった風に。そうは言っても一般的にこれらはメリットと言えるでしょう。
また、それぞれの形態のメリットを逆に考えると、それはそのまま相手側のデメリットとして捉えることができます。外出先で使えるというクラウド型のメリットは、社内でしか使えないというローカル型のデメリットであるからです。


これらをまとめてみます。
ローカル型(オンプレミス型)の賃貸管理ソフトは自社環境にインストールするのでソフトのレスポンスがよく、またデータやファイルが自社環境にあるので解約をしても使うことができます。このため他社ソフトへの移行も含めて情報やノウハウを自社に蓄積することが可能です。
ただし、自社でサーバ等を用意したり保守を行ったりする必要があるため、初期費用がかかる上それらのメンテナンスも自社で行う必要があります。この保守を怠って、例えばデータのバックアップが滞ったりすると不意のサーバ故障で数年分のデータやファイルを失う恐れがあり、これもリスクといえます。

クラウド型
の賃貸管理ソフトは外出先でも使えることが最大の利点と言えます。特にフットワークが軽く出先で管理データを参照したいユーザー様ではクラウドでないとダメという方もいらっしゃいます。また、クラウド型ならば面倒なサーバの管理等を要さずに契約をすれば気軽に使うことができます。バージョンアップや不具合修正も速やかに行われます。
次に懸念点を挙げると解約をするとソフトを使用することができなくなり、そのときには管理ソフトに登録したデータやファイルをリレーションを伴って出力することができないことが普通で、このため他社ソフトに移行するとしてもそれまでのデータの蓄積が途絶えてしまうということが考えられます。


Posted By Tanaka(
tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2016年03月25日 | この記事へのリンク : 

<<「Windows 10」にアップグレードしたら…     |  ブログ トップへ  |  Windows 10 への強制アップデート問題>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年10月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

最近見た物件 (0)