株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

Windows 10 への強制アップデート問題

今週あたりから Windows 7 や Windows 8(8.1) のパソコンが強制的に Windows 10 にされる自動アップデートが大暴れしているようです。弊社でも「賃貸名人で使っているパソコンが勝手に Windows 10 になってしまった」というお問合せを既に複数いただいております。
本日(現時点15:30迄に)コールセンターにお問合せいただいた案件のうち約13%が「勝手に Windows 10 に更新されてしまった。」というものです。

最新バージョンの『賃貸名人』はもちろん Windows 10 に対応しておりますし、Windows 8 対応バージョン以降の賃貸名人は Windows 10 環境下でも動作することを確認しております。

※本投稿においては『賃貸名人』に限定した表記をしておりますが『リフォーム名人』や『売買名人』でも状況は同じです。


以下の場合はご注意が、、というよりも強制アップデートされてしまったのであれば事後に対応をご検討ください。

(1)保守契約が切れており賃貸名人をバージョンアップする事ができないのに Windows 10 になってしまった。
■ 強制UP前のOSが Windows 8の場合
そもそもそのバージョンの賃貸名人は Windows 10 に対応しております。問題ありません。

■ 強制UP前のOSが Windows 7の場合
本来であれば Windows 7 向けの『賃貸名人』のコンポーネントである「SQL Server 2005」は Windows 10 にインストールできません。ところがなぜか OS のアップデートで Windows 10 に移行した場合は、インストール済みの各コンポーネントがそのまま動作します。

弊社で正式に対応確認をした訳ではありませんが、目下動作に支障が出ていないようです。ただし、お手元に Windows 8 以降に対応した『賃貸名人』の CD をお持ちてない場合は、将来 Windows 10 のパソコンに『賃貸名人』を再インストールすることができません。従ってこの先も Windows 10 で『賃貸名人』を利用なさりたい場合は保守契約の再加入をご検討ください。

(2)古いバージョンのカスタマイズ版『賃貸名人』を利用しており〜以下(1)同様。
対応方法は(1)と同様です。カスタマイズ版の場合は保守契約再加入と合わせてバージョンアップ費用が必要です。

(3)オプションチラシソフト『Power Canvas for 賃貸名人』または『賃貸名人 東京版作図』を利用しています。
これが一番深刻で、現時点においてこれらのソフトは Windows 10 に対応しておりません。動作に不都合があるのか対応を表明していないだけなのか弊社ではお答えできません。開発元のインパルス社にお問合せください。



(Q1)Windows 10 にアップデートされたパソコンを Windows 7 や 8 に戻すことはできるのか?
(A1)自動アップデート後1か月以内であれば元に戻すことができるようです。
方法は「Windows 10 戻す方法」等のキーワードで検索してみてください。
ただ戻してもまた自動アップデートされては意味が無いし、自動アップデートを無効にしたらセキュリティパッチも当たらなくなります。今回の事は方々で問題視されていますので何らかの対応があるかも知れません。直ぐに戻すのではなく1か月を超えない程度で様子を見る手もあります。



Posted By Tanaka(
tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2016年05月19日 | この記事へのリンク : 

<<賃貸管理ソフトのクラウド型とローカル型はどう違うのか。     |  ブログ トップへ  |  賃貸住宅フェア2016 東京>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年10月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

最近見た物件 (0)