株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

消費税率引き上げの見送りに伴う賃貸名人側の設定変更について[前編]

(2017/02/10)一部のお客様において、消費税率の変更が未実施の為に2017年04月に予定された「10%」の消費税が表面化し始めているというお声をいただきました。ご注意喚起の意味で昨年の本投稿の日付を更新致しました。


安倍首相は今月1日に消費税率10%への引き上げ時期を延期することを発表しました。

しかし問題はありません。賃貸名人やその他の弊社名人シリーズソフトウェアでは消費税率が変更されてもお客様自身で設定を変更できるようアップデート済みです。(賃貸名人の場合は2014年01月にリリースしたバージョン5.2.0)


−まずは設定を変更してください。−

マスターデータ登録画面 → 消費税率[設定]ボタン を押します。
古いバージョンの名人シリーズソフトウェアをご利用の場合は[設定]ボタンがありません。その場合は以下の設定の変更は要しません。<後編>の作業も不要です。

消費税率設定ボタン


次のウィンドウが開きます。



ここでは日付を変更するのではなく「10%」の行をバッサリ削除します。

消費税率設定画面(削除後)

もし「10% 2019年10月〜」と設定すると、2年契約の賃貸では2017年10月以降から入金レコードに影響が出始めます。その後、情勢が変わったら再び[後編]で紹介する入金レコードの再作成を要してしまいます。

現時点において2年半の延期は事実上の「凍結」であると言う経済評論家もいます。
 → この方(Youtube)

総じて、今賃貸名人上で「10%」行を作成する利点は少なくリスクの方が目立ちます。
もし将来消費税率の引き上げが正式に決定した場合は、賃貸名人のバージョンアップに伴い「10%」の行を改めて追加する計画でおります。


[後編](登録済み入金レコードの修正)に続く


Q)消費税率引き上げ前に将来の引き上げ予定を設定しておく必要はあるのか?
例えば、将来の税率を設定しておくと、更新や再契約の案内時に入居者に新消費税率が適用された家賃を示す機能はあるのか。

A)賃貸名人では早くから新消費税率を設定しておく意味はありません。
更新/再契約の案内にも影響しません。
新消費税率が使われるのはより差し迫った時期、例えば次月分の請求書作成時や銀行への引落依頼データの送信時等です。むしろ[後編]で示すデメリットが目立つため、新消費税率を設定するのは消費税率変更時期の半年程度前(適用が政治的に確定した後)が最適と言えます。



Posted By Tanaka(tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2017年02月10日 | この記事へのリンク : 

<<新製品 [集客名人] リリースのお知らせ     |  ブログ トップへ  |  消費税率引き上げの見送りに伴う賃貸名人側の設定変更について[後編]>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年10月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

最近見た物件 (0)