株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

賃貸名人のデータベースをエクスポートするバッチファイル

以下は賃貸名人のデータベースをエクスポート(バックアップ)するバッチファイルの内容です。タスクスケジューラ等で自動バックアップを構築する際のご参考になさってください。実のところ本投稿の裏の目的は私が出先で参照するためだったりします。

※将来のSQLサーバーバージョンアップで本投稿のコマンドが使用できなくなるかも知れません。
※申し訳ございませんが本投稿に関するご質問はご遠慮ください。メールをいただいても回答することを致しません。
 また、同様にWindows タスクスケジューラについてのご質問についても回答いたしません。
 何しろ弊社では自動バックアップソフト「ダンゴバックアップ」を販売しておりますから。
※batファイル内にカレントディレクトリを用いている箇所があるため「開始」を指定ししないといけないようです。



@echo off

rem ==================
rem インスタンス名設定
set instance=\dangonet
rem ==================

rem ==================
rem sa パスワード設定
set PW=Dango007
rem ==================

for /f "tokens=1-3 delims=/ " %%a in ('date /t') do set DT=%%a%%b%%c
set /a sn=1

:check
if not exist "%CD%\CM_%DT%_%sn%.cab" goto start
set /a sn=sn+1
goto check

:start
echo 賃貸名人(DB_LanSQL)バックアップ
echo.
echo 処理を実行中。しばらくお待ちください。
sqlcmd -S (local)%instance% -U sa -P %PW% -d master -Q "backup database DB_LanSQL to disk = '%CD%\CM_%DT%_%sn%.dmp' with init, nounload, noskip, noformat"

makecab %CD%\CM_%DT%_%sn%.dmp %CD%\CM_%DT%_%sn%.cab
del %CD%\CM_%DT%_%sn%.dmp


■インスタンス名設定
標準インスタンスのdangonetが指定されています。必要に応じて変更してください。

■sa パスワード設定
サーバOS用の弊社標準PWである「Dango007」が指定されています。必要に応じて変更してください。

■for 〜 :start までの部分
ファイル名にするための変数を日付や連番等で生成しております。記述がくどいと感じたら修正してください。

■sqlcmd 〜 で始まる行
sqlcmd でバックアップを取得するコマンドの中核です。バッチファイルと同一のフォルダ(カレントディレクトリ)に賃貸名人のdmpを吐き出します。
パラメータの「DB_LanSQL」は賃貸名人の標準データベース名で、これを変更することで他のデータベースを吐き出すことができます。
  1. DB_LanSQL : 賃貸名人
  2. DB_BasSQL : 売買名人
  3. DB_ComSQL : リフォーム名人(単独動作版 ※賃貸名人連動版に対して)
  4. ICanSQL : 賃貸名人 東京版
  5. CMeijinPlus : 賃貸名人+

□robocopy
本投稿には記載しておりませんが「robocopy」コマンドを用いて資料格納フォルダを同期させる処理を含めることができます。
robocopy [コピー元] [コピー先] /MIR




Posted By Tanaka
tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2019年10月02日 | この記事へのリンク : 

<<弊社SW製品およびサービスの消費税10%適用時期     |  ブログ トップへ  |  そして『賃貸名人+』はいつリリースできるのか。>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年06月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930       

最近見た物件 (0)