株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

賃貸名人の解約処理

賃貸名人についてよくお問合せいただく部分に「解約精算」があります。今回は賃貸名人の解約精算を分かりやすく(赤裸々に)まとめてみます。

解約精算は主に次の3つを考えます。

〕造り敷金の返金
賃料の日割り
8蕎回復費用や違約金等の請求

これをゴチャゴチャにミックスすると分かり難くなるので分解して考えます。・・・というより賃貸名人ではこれらは最初から分解されています。
 銑はデータ的に独立しており帳票上でも別の行や列に印字されます。合計欄では合算されますから結果的に「相殺」しているように見えるだけです。


上記のように整理すると
”澡」は入居時に満額預かり退居時に満額返金します。
クリーニング代や短期解約違約金が発生する場合も敷金は満額返金します。これらは「相殺」ではなく「請求」として次ので考えてください。

↑いかなる場合もこのように契約〜解約で敷金が±0になるのが正しい。
 ここが±0でない場合は預り金が未清算という状態で敷金預かり表に残り続ける。


請求」は入居者に単に請求します。違約金やクリーニング代がここに該当します。
リフォーム名人と賃貸名人を連携させる場合も入居者の原状回復費用等はここです。リフォーム名人との連携においても「相殺」という表現は仕様を理解する際にはノイズにしかなりません。


そして、最後に残った「賃料の日割り」を実務に寄せることが課題です。

このことはよくご質問をいただくので次のようにFAQにも登録されています。
http://sv10.dangonet.co.jp/faq/shosai.asp?faq_no=14010
資料の16〜17ページ(2014/08/28版)が日割り賃料を入金レコードに反映させる方法の説明です。

さて、次のように日割りが発生するタイムラインを考えてみます。



パターンA


入居者からは日割りを考慮しない1ヵ月分の賃料を受け取り、後で日割り残金分を返金します。
家主にも一度1ヵ月分を送金し、後で日割り残金分を返金してもらいます。
この家主への送金と返金が同月中に行われればパターンCと同じですが、返金が翌月にずれ込む場合もあります。
前記FAQ資料の17ページがこれに該当します。


パターンB


このパターンは返金が発生せず最もシンプルです。入居者から日割り賃料のみを受け取ります。
前記FAQ資料の16ページがこれに該当します。


パターンC


実はこのパターンが賃貸名人で最も厄介です。
入居者とのやり取りはパターンAと同じですが、家主には最初から日割り分賃料を送金するので家主からの返金が生じません。
前記FAQ資料にもこれについての手順は記載されていません(2020/10/22時点)。


賃貸名人では入居者からの入金情報をストレートに家主への送金情報として集計するので上図のように入金と送金が非対象になる処理が得意ではありません。

手順の工夫で“できないこともありません”が、「できない」寄りの「できる」・・というか丸めたら「できない」と言えなくもない部類です。概要としては家主への送金および返金が同じ月内で完結するように入金レコードを操作します。ただし機能的な対応ではない強引な手法なのでこれによるデメリットも生じます。

ここについては今後の課題として捉えております。


Posted By Tanaka(tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2020年10月23日 | この記事へのリンク : 

<<『賃貸名人+』のリリース予定がまた少し後退しました。     |  ブログ トップへ  |  賃貸名人の帳票に関する根本的な解説>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2021年02月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28           

最近見た物件 (0)