株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

『賃貸名人』は無線LAN環境に対応しているのか。

最初に結論を記すと賃貸名人は公式には無線LANには対応しておりません。では動作しないのかというとそうでもありません。以下の投稿は実質的に動作するorしないに関しての私の見解ではなく、あくまでも現時点(2021/03/29)での公式資料を前提に組み立てております。

今の世の中で一般に有線LANだの無線LANだのという区別はなかなか行われないので、無線LANに対応していないと敢えて言及しなければお客様サイドで良い方に誤解してくれるかも知れません。でもそれは不誠実ですからこの発信が怒られることもないでしょう。多分。

<目次>
(1)無線LANは「非推奨」ではなく「非対応」
(2)無線LANでどういう問題が起こるのか
(3)実際に無線LANで問題が起こった事例
(4)無線LANへの対応予定




(1)無線LANは「非推奨」ではなく「非対応」
さて、賃貸名人の動作環境に「TCP/IPプロトコルが組み込まれた有線LAN環境」という表記があります。
製品DVDのトールケースに印刷された動作環境にもその表記がありますし、インストールマニュアルにも記載があります。


弊社WEBサイトの「ユーザーサポート」ページから概要説明書をダウンロードすると、その最後のページにやはり上の表記があります。

従いまして有線LANが「推奨」ではなく「必須」というのが弊社の発信です。逆説的に無線LANは「非推奨」ではなく「非対応」と言えます。実は、弊社社員でもこれをお客様に明言することを憚ってついトーンダウンした表現(推奨/非推奨)を用いてしまうことがあるので、勇気をもって説明できるよう原則と背景を交えて投稿いたします。





(2)無線LANでどういう問題が起こるのか
まず無線LANの場合には確実に問題が発生するという訳ではありません。寧ろ問題が発生するケースの方がはるかに少ないと言えます。弊社では非対応としながら、実際に無線LAN環境で『賃貸名人』を問題無くご利用いただいているお客様は多数いらっしゃいます。このことを前置きしつつ問題が発生したらどういう不都合が起こるのかを説明します。

まず『賃貸名人』にはネットワーク切断時の再接続機能がありません。しかし常時接続である有線LAN環境ではネットワーク経路の影響で「切断」がまず起きないので問題自体が発生しません。


もちろん安定した無線LAN環境でも同様に問題は起こりません。


しかし不安定な無線LAN環境ではしばしば瞬断が発生し、その結果サーバに“再”接続することができない『賃貸名人』がエラーで停止します。そのときは『賃貸名人』を強制終了して再度起動しなおす必要があり、切断時の画面で入力していた内容はサーバに記録されていませんので当然失われます。


例えばWindowsの一般的なアプリケーションである「Word」や「Excel」では瞬断が発生しても裏で再接続するのでユーザー様には切断が発生したことを気付かせません。ところが『賃貸名人』には現在再接続機能が無いので切断時にエラーが発生します。不安定な無線LAN環境であっても極稀な瞬断であればそれ程ストレスでもありませんが、もしこれが10〜15分に1度発生するような環境では『賃貸名人』を起動すらしたくなくなってしまいます。

切断が発生すると↓のようなエラーが出て操作不能化します。エラーダイアログが無くなるまで[OK]ボタンを押し、ダイアログが表示されていない状態でキーボードのAlt+F4を押すと『賃貸名人』を強制終了することができます。





(3)実際に無線LANで問題が起こった事例
次に挙げる3社の事例で代表的な原因を解説します。3社ともお名前は伏せますが実際に私がご訪問しインストールを担当したお客様です。

H社様(東京)
H社様はオフィス内で管理部の島と営業部の島が大分離れており、無線LANルーターとの距離が遠かったために通信が不安定でした。現在ではネットワーク構成を見直していただき安定しているようです。

A社様(愛知)
A社様はNTTのモデムにDHCPサーバ機能があり、これが有効化されており無線LANルーターとDHCP機能を取り合っていました。そのため定期的な切断が発生していました。モデム側のDHCPをOFFにすることを提案いたしましたが、結局より確実な有線LAN化を選択されました。

S社様(神奈川)
S社様も無線LAN環境における『賃貸名人』の瞬断問題でご苦労をかけてしまいました。前記2社の事例とは異なりS社様ではなぜ瞬断が起こるのか原因の特定に至りませんでした。このように原因が究明できないケースもあるので事例として紹介いたします。





(4)無線LANへの対応予定
再リリースが遅れていますが、目下開発中で『賃貸名人+』では内部的な再接続が実装されており無線LANにも正式に対応する予定です。この再接続は裏で動作するのでユーザー様には瞬断が発生したことに気付かせない仕様です。『賃貸名人+』をリリースできれば懸案の無線LAN問題が解決できる見通しです。




Posted By Tanaka(tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2021年03月29日 | この記事へのリンク : 

<<『ダンゴバックアップ』は安心なのか?     |  ブログ トップへ  |  利用約款をなぜ改訂したのか(第1回)>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2022年01月        >>
            1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031         

最近見た物件 (0)