株式会社ダンゴネット 開発部のブログ

(株)ダンゴネット開発部のブログです。賃貸名人・アイ・キャン賃貸・エキスパート賃貸・仲介名人の開発秘話から最新情報まで、開発部ならではの情報をお届けします。

ブログ一覧

サードパーティ製セキュリティソフトを更に不要にしたWindows 8

Microsoft社はホーム/スモールビジネスに限り無償で使用できる「Microsoft Security Essentials」(以下MSSEと略します)を配布しています。
先日リリースされた Windows 8 においては、このMSSEが標準機能である Windows Defender に統合され、MSSEを別途インストールすることができなくなりました。(その必要もなくなりました。)

<参考サイト1>

<参考サイト2>

Windows Defender は、Windows Vista 以降に標準搭載されたスパイウェア対策ツールでしたが、新しい Windows Defender はこれにMSSEの機能を加えコンピュータウィルスへの対策機能も持ちました。

Windows 8 でウィルス対策ソフトが標準搭載されたことにより、OSインストール直後Windows 7 までのように「ウィルス対策ソフトを導入してください」という旨のセキュリティ警告が表示されません。このため、とりあえずセキュリティソフトを入れておくという軽い動機が失われました。

また、MSSEのビジネス用途では利用できないという制限が Windows 8 では事実上無くなり、ビジネスにおいても Windows 8 に標準搭載される Windows Defender を利用できてしまいます。
(Windows Defender はビジネス向きの Windows 8 Pro にも搭載されています。)

セキュリティソフトを販売するサードパーティは、メーカー製PCに試用版であってもとにかくプリインストールさせ、試用期間が切れそうになったら矢のように警告メッセージを出してクレジットカードを登録させる作戦を展開しています。そんな苦境であってもスマホ用のセキュリティソフトが伸び、売り上げを伸ばしているそうです。

企業においては、自社のセキュリティ対策手順においてセキュリティ対策ソフトを導入するよう定めているような場合、これをすぐに変更することは難しいでしょう。
セキュリティ担当者は、変更したことによりリスクが増大するのかどうか、すぐに結論をだすことができず、また Windwos 8 自体への評価が定まっていないことも考えられます。


<参考クリック(過去の投稿)>
無料のセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」

Posted By Tanaka
tanaka@dangonet.co.jp

更新日時 : 2012年11月15日 | この記事へのリンク : 

<<賃貸名人東京版バージョン4.1.1リリースのお知らせ     |  ブログ トップへ  |  リフォーム名人 バージョン6.1.0リリースのお知らせ>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年09月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930     

最近見た物件 (0)